チャレンジ2年生の赤ペン先生のもんだいについて

チャレンジ2年生の赤ペン先生のもんだいについて

進研ゼミのチャレンジ2年生というとやはり赤ペン先生というのは非常に有名ですね。進研ゼミイコール赤ペン先生なんていうイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。それくらい画期的かつ魅力的なシステムとなっています。

 

チャレンジ2年生では毎月の教材として「赤ペン先生のもんだい」が届きます。赤ペン先生はお子様一人ひとりに付いてくれる担任の先生のことであり、テスト形式で問題を解きそれを赤ペン先生が採点してくれるというものです。もちろんただ解答が合っているのか間違っているのかを採点するというだけではありません。最大の特徴となるのは丁寧な個人指導という部分にあります。

 

赤ペン先生は基本的に一年を通して同じお子様の担任として指導をしてくれます。ですから非常に細かい部分まで赤ペン先生が状況ごとに指導をしてくれるわけです。赤ペン先生がその子どもの長所や短所を把握した上で必要な指導をしてくれますし、時には褒めてもくれます。自分の事をわかっている先生がいることで子どものやる気もアップするというわけですね。

 

毎月先生に提出するということが一つの目標になるので学習することが自然と身につきますし、提出したテストに先生のコメントがついて返ってくるのでそれを楽しみにしている子もたくさんいます。

 

もちろん肝心の問題の内容についても基礎の確認から習ったことの応用までそろっており、多くの子どもたちが間違えやすい問題を中心に構成されているのでやりごたえがあります。難しいと感じることもあるかもしれませんが、むしろつまずいた方が後で身につきやすいのは言うまでもありませんね。文章や図をつかったいろんな形式で出題されるので応用力を身につけ確かな学力を養います。

 

赤ペン先生は基本的に1年間同じ先生が付くことになりますが、事情によって先生が変更になってしまうこともあるようです。また、3月号については特別課題となっているため「赤ペン先生のもんだい」はついてきません。


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


Z会小学生講座&アドセンス広告