チャレンジ2年生の教材について

チャレンジ2年生の教材について

チャレンジ2年生の教材はただ一つの物をひたすらやるというわけではありません。いろんな教材を使いながらさまざまな角度で学習していくように作られています。基本的に進研ゼミのチャレンジ2年生ではどの教材に関しても国語と算数を学ぶ内容となっています。

 

まずチャレンジ2年生では学校での授業を理解するための教材としてメインテキストと別冊ドリルが使われます。メインテキストは1日15分づつ、国語と算数を各13回づつ学ぶという内容になっています。小学2年生ですから勉強しなさいと言ってもそうそう集中力は続きません。15分というのは無理なく集中できて無駄なく学ぶことができるピッタリの時間と内容です。テキストは登録している小学校の情報から、その学校の教科書に合わせた内容を30タイプのテキストから選んで届けてくれます。

 

授業理解に役立つもう一つの教材である別冊ドリル。こちらは漢字ドリルと計算ドリルとなっており、各5分づつでできる内容になっています。過去のチャレンジで誤答が多かった問題を厳選して収録しているので、間違えやすい問題を短時間で集中して学ぶことができるようになっています。

 

学習習慣をサポートする教材として「赤ペン先生のもんだい」という教材も毎月届きます。これはお子様の担任となっている赤ペン先生が答案を添削指導してくれるもので、間違った部分の指導はもちろん、良いところは褒めてくれます。時には褒めて上げることもお子様のやる気を伸ばすためには非常に重要な事ですね。

 

「はてな?はっけんブック」はお子様の知的好奇心を広げるための教材です。身近にあるものに対する「はてな?」を見つけ、3年生から始まる理科と社会について興味を持たせ、やる気と好奇心を引き出します。

 

さらにおうちの方向けの教育情報として「チャレンジ通信」も毎月届きます。お子様の学習や生活について毎月なるほどと思える情報が掲載されており、保護者の方もお子様と一緒に成長することができます。


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


Z会小学生講座&アドセンス広告